汗かき教師修行 10年 センス 忍者ブログ
〜本物は続く 続けると本物になる〜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

堰八先生は教師のセンスが重要という。

多分センスとは子どもの見方だと思う。
センスがある人は
子どもは有能である
と考えている。
センスがない人は
子どもは無能である
と考えている。

無能から出発する人は、子どもはできないのだから、教師がなんとかするしかないと考える。
だからもちろん熱心だし、きめ細かい。
ただ、欠点がある。子どもが何かをできた場合、その手柄は教師のものと考える。なぜなら、子どもは無能だから。
結果、子どもを褒めるのが少ない。または嘘くさい、テクニック的。
あと不機嫌。できないと思っている集団に囲まれているので、どうしても不快感がでてしまう。機嫌がよくなるのは、自分のおかげで子どもたちが成長したとき。

センスがある人は、有能から出発する。
最大のメリットは子どもたちを褒めることが多いこと。自然と感動して褒めることができる。わざとらしくない。だって子どもはすごいから。

できると信じているので、かなり子どもにまかせることができる。結果、体験的に学ぶ子どもが増える。

あるなしは問題ではないが、ない人はかなりの努力が必要。

俺はない。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» センス
私もない
野菜はたけ 2010/09/24(Fri)19:17:42 編集
» ないからこそ
野菜はたけさん
コメントありがとうございます。

センス・・・
僕もないんです(笑)

でも,ないからこそできることもあるとは思います。
長嶋は天才=センスあい。イチローは,天才ではない=センスなし(と自分で言っている。)
何が違うかというと,イチローは,ヒットになった理由,ヒットにならなかった理由を言葉にできる。

センスのない人は,感覚的,直観的にできるということがない分,どうすればそんな風にできるかを考えながら努力する。自分の経験を通したことなので,それを言語化して伝えることができる。

センスがない自分の役割は,こういうところにある気がしています。

もちろん,イチローは努力の天才で,野球センスもすごいのですがね。
キッキョン 2010/09/26(Sun)08:55:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/14 みゆ]
[08/13 キッキョン]
[08/13 みゆ]
[04/28 キッキョン]
[04/28 ミナミ]
[04/22 キッキョン]
[02/18 キッキョン]
[08/22 キッキョン]
[08/19 笹木 陽一]
[04/12 キッキョン]
最新記事
プロフィール
HN:
キッキョン
HP:
性別:
男性
自己紹介:
37歳二児の父。アラフォー
所属サークル(さあ来る?)
湧氣会 第二土曜 明石 
おもちゃ箱 第四金曜 神戸
楽笑 第三金曜 芦屋
元気塾 第三土曜 西宮
『学び合い』不定期
アーカイブ
ブログ内検索
グーグル検索

Google

Copyright © [ 汗かき教師修行 10年 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]