汗かき教師修行 10年 発問 忍者ブログ
〜本物は続く 続けると本物になる〜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


③授業のまとめ


評価する発問


できる限り,授業の評価をとる


➡到達度評価は,教師の授業評価になる


 


サ わかった人?(挙手による評価)


 


シ 評価テスト 


 


ス まとめ・ふりかえり


拍手[0回]

PR
②授業の展開
 発散➡焦点化➡深化
発散する発問
ア 気づいたこと・わかったこと・お
  もったことを◯つ書きましょう
イ この先どうなると思う?
ウ そんな経験あるかな?
エ というと?
焦点化する発問
オ わからない人?
カ だれが,何を,いつ,どこ,いくつ,どっち
キ ヒントが欲しい人?
深化する発問
ク AかなBかな?(◯か×か)
ヶ どこが間違っているかな?
コ 本当にそうかな?

拍手[0回]

(例)国語 6年生説明文の授業  (資料1)
1.めあて  教材文を読み,序論・本論・結論の3つにわける
  ごうかく B 序論・本論・結論に分けることができる
       A 序論・本論・結論にわけた理由を接続語に注目して説明できる
2.めあて  結論の中から,筆者の主張が入っている段落を見つけることができる
  ごうかく B 筆者の主張が入っている段落を見つけることができる
       A どの段落が筆者の最も伝えたいことか説明できる
3.めあて  結論の内容をまとめ,説明文の要旨をまとめることができる
  ごうかく B 筆者の主張と具体例を入れて要旨をまとめることができる
       A 接続語に気をつけながら要旨をまとめることができる
4.めあて  説明文の要旨に対して,自分の考えを明確にして話すことができる
  ごうかく B 自分の意見を決めて,反対意見の人に説明することができる
       A 相手の意見を認めつつ,自分の意見を主張することができる
5 めあて  説明文の要旨に対して,自分の意見を書くことができる
  ごうかく B たしかに<A>。しかし,<B>。という書き方で書くことができる
       A 自分の経験や具体例を入れて書くことができる

拍手[0回]

①導入
課題づくりのコツ 
 1.簡潔な言葉
 2.評価の観点を確認する
   国語 :関心意欲,話す聞く,読む,書く,言語事項(伝統)
   各教科:関心意欲,思考判断表現,技能,知識理解
 3.評価の仕方を明確にする
   (例)小テスト(知識理解),
      まとめる(技能),
      説明する(思考判断表現)
 4.段階別の評価基準を示す
 5.単元のゴールから逆算する

拍手[0回]

1.授業の組み立て方
 
0.発問の前に・・・
指示に関する5つの原則(仮)
  1.趣旨の説明(目的。)
  2.ゴールを示す(評価基準。AさせたいならBと言え)
  3.簡潔な指示(一文。接続詞に注意。一時に一事。)
  4.質問を受け付ける(やることの確認。全員(8割)にわからせる。)
  5.フォローを入れる(感謝。褒める。評価。)
  6.徹底する(やりきらせる,言葉以外の指示も)

拍手[0回]

HOMENext ≫
カウンター
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/14 みゆ]
[08/13 キッキョン]
[08/13 みゆ]
[04/28 キッキョン]
[04/28 ミナミ]
[04/22 キッキョン]
[02/18 キッキョン]
[08/22 キッキョン]
[08/19 笹木 陽一]
[04/12 キッキョン]
最新記事
プロフィール
HN:
キッキョン
HP:
性別:
男性
自己紹介:
37歳二児の父。アラフォー
所属サークル(さあ来る?)
湧氣会 第二土曜 明石 
おもちゃ箱 第四金曜 神戸
楽笑 第三金曜 芦屋
元気塾 第三土曜 西宮
『学び合い』不定期
アーカイブ
ブログ内検索
グーグル検索

Google

Copyright © [ 汗かき教師修行 10年 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]