汗かき教師修行 10年 自分と向き合う 忍者ブログ
〜本物は続く 続けると本物になる〜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何か自分のしていることに対して異議を唱えられる。
その時に,自分はどうやって相手と向き合うのか。

自分とは,自分であって,自分でない。
相手とは,相手であって,相手でない。
自分は相手であり,相手は自分である。
自分というのは,相手を認識してはじめて自分になりうる。

自分に異議を唱える相手と言うのは,未来の自分の姿。
それがわかれば一歩進める。


否定、非難、批判、 肯定、無視、受容 同一化 相手を理解できないのは、相手が自分の中にいないから。理解しようと務めるということは、相手になるということ。
posted at 20:14:13

自分に対してなにか嫌な言葉を投げかけられた時、それが否定なのか非難なのか批判なのか忠告なのかといった分類は対した意味がない。それは相手の言い方とか、その内容とか、誰がいったかと言う問題ではなくて、自分の受け取り方の問題だから。
posted at 20:21:36

相手がいったことを理解できないほど、自分を否定されたと感じるし、最もだと感じたら忠告と受け取れる。好きな人からならアドバイスだし、嫌いな人からは非難。その好き嫌いは自分が決めていることだから、相手の問題ではない。
posted at 20:26:06

否定されたと感じれば、自分が正しいということを証明しようとする。論破しようとしたり、同じく相手を否定しようとする。自分を変えようとは思わない。 非難されれば反論する。これも自分を守るための行為。自分の問題とはうけとっていな
posted at 20:29:09

批判だと感じた時にようやく少しは自分を反省出来る。目指す方向は同じような気がしているから。なにが問題だっのかを考えて、次は批判されないように策を講じる。批判か忠告かの違いなんて誰がいったかぐらいしかない。ただの仕事仲間なら批判と感じるし、尊敬する先輩なら忠告だ。
posted at 20:33:49

ところで、そういったあまり耳心地の良くない言葉に対して、無視するという方法を取ることはままある。気にしないということをアドバイスされることもあるし、自分自身そうすることもある。Twitterでいえば、ブロックか。
posted at 20:36:21

Twitterでブロックしたことないからわからないけど、もしかしたらブロックしたひとは、ブロックした相手を時々覗いたりしているのではないだろうか。無視するというのは難しい。なかったことにするのも難しい。気にしないといっても気にしてしまう。
posted at 20:39:34

無視する、気にしないというのは相手のことを全く理解できない状態。だから、無視しても無視できない。自分の中にその相手がいないから、相手がずっと居座ってしまう。本当に無視出来るのは、相手が自分とどうかした時。空いてが自分で自分が相手だから全く気にならなくなる。
posted at 20:42:39

批判や、忠告と感じた時ようやく反省して自分を変えようとする。自分を相手に寄せようとする。足りないものを埋めようとするから、成長する。ようやく、 自分の問題として考えることが出来る。
posted at 20:48:09

でも、まだ足りない。 自分を変えようとしても、相手を理解できてない。それは、限定的な変化。相手に寄せたにすぎない。対処療法的だ。受容しようと努力するがそのことは持続しない。言葉だけを相手にして、本当に相手を理解できてないから。
posted at 21:12:19

相手を理解するということは相手の中に自分がいるということ。自分の中に相手がいるということ。自分の中に相手がいないから、理解できないし、信じられないし、否定されたと感じてしまう。相手の言葉ではなく、その言葉の源泉である相手を理解しないといけない。
posted at 21:19:15

不快な言動を受けた時にその相手を理解するというのは、相手の中に自分をみるということ。時に、自分の中にいない自分を相手の中に見つけなければならない。相手の中の自分に話しかけることが出来るようになった時初めて自分を変えることが出来る。なかった自分を発見し不足を埋められる。
posted at 21:24:58

なんでこんなことを書いたかというと、ちょうどそんな事があったから。自分がそれを受け入れる過程を辿ったから。まあ、くだらない事なんだけど。
posted at 21:28:05

否定されたと感じてたときに先ずは腹が立つ。自己弁護をする。俺は、やっている。そんな言われはない。言い訳もする。まあ、娘入院中で滅入ってた事もあるし、それと無関係でない事だからなおさら。でも、少しおいて冷静になれば、それは大人げない事に気づく。
posted at 21:35:56

気にしなければいいアドバイスも受ける。気にしないようにすればするほど気になる。だから、気にしてみる。そうすると、自分の非が見えてくる。ああすればよかった、という反省もでてくる。でも、素直にそうしたいとは思えない。相手を理解していないからだ。
posted at 21:42:03

ようやく、その人と向き合ってみようと思う。なぜ、そういう事をいったのか。なぜ、それを僕は理解できなかったのか。その人が大事にしていて、僕が大事にしていないものは何か?相手の中に自分が見えた時に、ようやく許す事が出来る。自分の中に取り込む事が出来る。今までなかった自分を発見出来る
posted at 21:44:34

小学校の職員室でもよく聞く言葉。信じられない、理解できない、私はそんな事しない、わからない。子供に対して投げかけられる言葉でもある。それを、子供のせいや過程のせい地域、社会、時代のせいにしても始まらない。自分がなにも変わってないから。自分の受け取り方、不在の自分を埋めないと。
posted at 21:47:35

そうですね。でも、そういう事をいう先生が、なぜそういうのかという事も理解しようと務めないと、その分を埋める事はできないですね。ただの否定になってしまう。 RT @amber7777777: よく聞く言葉です。が、自分は、こんな教師にならないよーにと考えてます
posted at 21:52:54

すいません、ここまでのつぶやきは、俺を否定すんなコンニャローという事ではなくて、なんで否定されると腹が立っちゃうのかな?僕って未熟だな、という反省です。おっさんになってくると異議を投げかけて下さる機会も減るので、素直に受け止めないとあかんなーって思ってます。
posted at 22:07:19

そうですね。なんで自分はこんな自分なのかな~って考えてました。 RT @izumirumirumiru 客観的に自分を見つめるということでしょうか?
posted at 22:19:19

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 我以外みな師
「我以外みな師」
そう思えば、すべてが有り難い言葉。
と言ってもなかなか・・・・。

事実は一つ考え方は二つ。
どんなことも「よかった」と考えられたら・・・。

自分ができていないことでした。
タムっち 2011/01/23(Sun)11:55:51 編集
» 無題
タムっちさん
コメントありがとうございます。
そうなんですよね。自分以外は師である。そうは思っても難しい。それはなぜなんかなあってふと考えてしまいました。
師というのは尊敬して弟子入りするもの。尊敬がなければ、誰でも師という域にはいけない。
また、自分の方が上で、相手は下と考えても弟子にはならない。足りないのは、自分はわかっていないという気づきと、謙虚さ。
それから、どんなことからも学ぶことができるという探究心。仮に、どうしようもない人とあったとしても、そのどうしようも無い人からですら、いや、だからこそ学ぶことができるということですね。
ところで、師匠から学ぶというのは、懇切丁寧に教わるという事ではなくて、そのひとをそっくりそのまま自分に取り入れることのように思います。だから、喋り方、口癖、姿勢、動きなど様々なことを真似る。真似ることで学ぶ。それは、知識を取り出すということではなく、その人を自分にいれてしまう、その人になるということを目指すものではないかと思います。その人になるからこそその人の言動の意味がわかる。だから、直接教わっていないことすら、その人から教わったことのように話すことが出来る。
そしてついには、師匠を相対化して、自分から切り離して、師を否定しながら次にすすむ。
師から学ぶということが、こういうことだとすれば、我以外皆師という域はなかなかはてしないですね。でも、やはりそういうところを目指したいと思います。まずは、相手を理解すること。つまり、相手の中に自分を見つけること。これをやっていきたいなあって思います。
キッキョン 2011/01/23(Sun)22:18:44 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/14 みゆ]
[08/13 キッキョン]
[08/13 みゆ]
[04/28 キッキョン]
[04/28 ミナミ]
[04/22 キッキョン]
[02/18 キッキョン]
[08/22 キッキョン]
[08/19 笹木 陽一]
[04/12 キッキョン]
最新記事
プロフィール
HN:
キッキョン
HP:
性別:
男性
自己紹介:
37歳二児の父。アラフォー
所属サークル(さあ来る?)
湧氣会 第二土曜 明石 
おもちゃ箱 第四金曜 神戸
楽笑 第三金曜 芦屋
元気塾 第三土曜 西宮
『学び合い』不定期
アーカイブ
ブログ内検索
グーグル検索

Google

Copyright © [ 汗かき教師修行 10年 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]