汗かき教師修行 10年 質をあげる② 忍者ブログ
〜本物は続く 続けると本物になる〜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

つぐさんからコメントをいただきました。
つぐさんは,ネットでつながっている同世代の先生です。まだお会いしたことはありませんが,ブログやHPの内容などを見ると,本当にすごい先生です。学び合いについていろいろ調べているときに,つぐさんの論文を読ませていただいて,めちゃくちゃ勉強になりました。
そんなつぐさんも,お子さんが生まれて,生活が変わって大変なご様子。僕も同じ状況です。で,きっと全国の同世代の先生方も,同じような状況なのではないかなぁって思います。

キッキョンさん,2児のパパとして仕事も家庭もしっかり守っていらっしゃるのですね~。俺も一児のパパとして,家庭も仕事も大切にしていきたいと思いつつ,どっちも全力で取り組めない自分に腹が立っていました。っていうか現在もです(笑) 
どうにかならねーのかこのバカやローって感じです。 
でもどうにもならないので,冷静に,かつ真剣に全力を尽くす方法を探り中です。
例年にない苦しさだと思いますが,その中で見つけた仕事術を是非お裾分けしてくださいませ。よろしくです。

鉄人杉渕先生に以前相談したときに,「量から質」への転換が必要だ,といわれました。
では質をあげるとはどうすることなんでしょうか。
やっぱり,これまでやってきた時間が使えないわけだから,短い時間で効果をあげられるようにしなくてはいけません。でも,そうするためには,かなり濃密で凝縮された力の使い方をしなくてはいけません。たとえば学級通信を100枚かいていたのに,10枚になってしまった。だとすれば,その1枚に10枚の効果を詰め込まなくてはいけない。僕は,“質を上げる”ということをそのようにとらえていました。
で,結論からすると,今の僕にはそんな力はありません。仕事の時間が減るということは,仕事以外の時間が増えるということです。

時間は減るけど,そちらにかける力は増やす。

これは,どう考えたって凡人には不可能です。当然,かける時間も減れば,かけるパワーも減ります。

じゃあ,どうすればいいのでしょうか。時間もかけられないし,力もさけない。今までの取り組みからすれば,手抜きにも感じる。実際,子どもたちだって今までより育っていないように感じる。

量から質への転換というのは凡人には無理なのでしょうか。

僕が最近気づいたのは,質はあげるものではなく,上がるものなのではないかということです。

今までは,仕事80:家庭20ぐらいの時間や労力のかけ方でした。
それが今は,仕事20:家庭80ぐらいの割合になっています。
当然ですが,仕事にかける時間は,1/4に減っています。それだけではなく,育児や家事に力を注いでつかれてしまうので,仕事へのパワーだって1/4です。質をあげることはできません。

でも,どうでしょうか。広い意味で教育ととらえたとき,4倍に増やした家庭での仕事というのは,無意味なことでしょうか?いやいや,むしろ,子どもの育ちを考えたり,身近な人間への接し方や,ふるまい方について考えるのには,家庭での仕事というのはもっとも適しています。
家族のために何かをできるということは,他人のために何かをできるということにもつながります。
逆に,身近な家族を大切にできない人間が,他人の子どもを大切にできるなんていうのはあり得ないようにも思います。
僕が頭をシフトさせたのは,僕がやっている仕事の総量としては,今も昔も変わっていないといと考えるようにしたことです。

むしろ,子どもたちが小さいこのときにしか経験できないことをたっぷりと味わうことが,今後の教育にめちゃくちゃ役に立つと思っています。

僕のお師匠様の堰八先生は,「まずは家庭を大切にしなさい。」と耳にタコができるほどにおっしゃってくださいました。「はい!わかりました」と口では言っていましたが,全然分かっていませんでした。家庭を大切にすることで,見えてくるものというのが最近になってようやくわかってきたのです。
『学び合い』の西川先生も,家庭を顧みることの大切さを説いています。仕事にばかり没頭して,家族を犠牲にするような職業にしてはいけないということを常に語っておられます。身近な人間を幸せにできないで,はたして子どもたちの前に立つ教育者としてふさわしいのかということです。

だから今の僕は,学校の仕事に対して,かなり省エネで取り組んでいます。そして,全力で家族を大切にしようとしています。それは,仕事をおろそかにしているのではなく,今の時期は,こういう“教育”を大切にするのがいいと思っているからです。

で,そうやって言葉は悪いですが,やっつけで仕事をやっていると,意外な現象が起こることがあります。今までの1/4の労力しか割いていないのに,今までと同等,いや今まで以上の成果が出ている部分というのが見えてくるのです。たぶん,それが“質があがる”ということなのではないかと思います。
自分から質を上げるのではなくて,いつの間にか質が上がっている。
それはたぶん,前にも書いた,引き算の中に,本質が見えてきているのではないかと思います。あれもこれもそれもやらない。そうやって引き算していくと,残ったところに本質がある。その本質の部分さえ捨ててしまわなければ,同じような効果が出る。この本質の部分が見えるようになってくるのが,質が上がるということなのかもしれません。

まあ,こんな風に書くと,「なめんな!」という批判を受けそうです(笑)
いやはや,その通りだと思います。
でも,僕は30代の今しかできない教育というのがあると思うし,僕にとってのそれは,けっこう“ふわっ”としたものでいいのではないかとも思っています。

というわけで,どうでしょうかね。この“ふわっと”仕事術。
全然,参考にならなさそうですね(笑)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/14 みゆ]
[08/13 キッキョン]
[08/13 みゆ]
[04/28 キッキョン]
[04/28 ミナミ]
[04/22 キッキョン]
[02/18 キッキョン]
[08/22 キッキョン]
[08/19 笹木 陽一]
[04/12 キッキョン]
最新記事
プロフィール
HN:
キッキョン
HP:
性別:
男性
自己紹介:
37歳二児の父。アラフォー
所属サークル(さあ来る?)
湧氣会 第二土曜 明石 
おもちゃ箱 第四金曜 神戸
楽笑 第三金曜 芦屋
元気塾 第三土曜 西宮
『学び合い』不定期
アーカイブ
ブログ内検索
グーグル検索

Google

Copyright © [ 汗かき教師修行 10年 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]