汗かき教師修行 10年 読書 忍者ブログ
〜本物は続く 続けると本物になる〜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サークルの旅行で”長野”は八ヶ岳へ。
そして,その前の週は家族でハワイへ。
というわけで,ハワイでゆったり読む本として,
「一路」を選びました。

あらすじ
父の不慮の死により家督を相続、交代寄合蒔坂家の御供頭として江戸への参勤を差配することになった小野寺一路、十九歳。二百年以上前に記された家伝の「行軍録」を唯一の手がかりに、古式に則った行列を仕立て、いざ江戸見参の道中へ。
 お役目を果たせなければ家禄召し上げという身で、一所懸命におのれの本分を全うしようとする一路。その前途に、真冬の中山道の難所が立ち塞がる。さらに行列の内部では、ひそかに御家乗っ取りの企みが......。
(https://www.chuko.co.jp/special/ichiro/arasuji.html)より

ちょうど,神戸から八ヶ岳まで中央道を車で走ります。
昔の”中山道”ですね。
中山道が舞台の小説ということで,今回の旅にぴったりです。
そして,読んでみると,僕の今の心境にビビビとくるところがたくさんありました。
その中から二つ。

「参勤交代の御行列は行軍なり」
何もわからず参勤交代のリーダーとなった主人公が唯一頼りにしたのは,家伝の「行軍録」。ここには,200年以上前,つまり参勤交代がまだはじまったばかりの頃に記された,参勤交代の心得が書かれていた。200年前の心得など,形骸化していた参勤交代には何の役にも立たない。それでも,頼みにするのはこれしかないということで,古式に乗っ取った,「行軍」をすることになる。
ところが,行事としての参勤交代を,有事の際の「行軍」として行うことで,御供頭の主人公だけでなく,配下の武士たちやお殿様までもが,武士,武将として大切なことを見つけていく。
この「古式」に乗っ取った「行軍」というのが,何か,今の教育と重なっているように僕には感じた。
僕の授業はもちろん,周りの授業も,なんとなく「形式」化してしまっていて,そもそも「何のために」はじまったのかがわからないまま行われていることがママある。あいさつや礼,姿勢のようなものから,発問,板書,机間指導などの指導技術,教科書の配列のことも,学び合いや話し合いも・・・。どれも,「こうしておけばいいんでしょ」という,「やったふり」の授業がすすめられているのではないか。
実は,今も残っている教育の様々な部分は,先人たちが残してくれた立派な「型」なのではないかと思う。参勤交代の様々な儀礼は,「行軍」であるというそもそもが抜けてしまうと,とても滑稽で無意味なものに見える。しかし,有事に江戸に駆けつけるための,「型」ととらえれば,理にかなった方法になる。
今の教育の問題に向かっていくにあたって,「何のために」やっていることなのかをもう一度見直す必要がある。バカらしく,不合理に見えて,形骸化しているものも,本来の意味に照らし合わせてみれば,今でも十分役立つものかもしれない。むしろ,今だからこそ,それが残っている意味をとらえることができれば,本当に教育に必要なものかもしれない。
「参勤交代の御行列は行軍なり」
「一斉授業の発問は◯◯なり」

未熟な僕にはよくわからないけど,課題山積の参勤交代のような,課題山積の授業の中で,その答えを見つけていきたい。

「御供頭心得 一所懸命」
主人公の一路も,お殿様も,関所の役人も,お姫様付きの女中も,出てくる人物がみんなみんな,自分の役割を必死に果たそうとする。敵役の叔父だって,しっかり悪役としての役割を果たす。小説なのだからあたりまえのことかもしれないが,それでもリアルに感じてしまう。お殿様は,「大義じゃ」しか言えない。言えば,大事になるから。だから,言いたいことも我慢して,ただただ「大義じゃ」と繰り返す。お供頭は,2年に一度の参勤交代を差配する。
それぞれが,自分の役割を果たす。しかし,その役割を果たすのが,ただの仕事としてやるのか,自身のプライドにかけてするのか。覚悟が違う。「古式」にのっとって,参勤交代をしていく中で,一人ひとりが自分の役割を「こなす」のではなく「果たす」ように変わっていく。その役割を果たそうとする武士たちを見て,そこに関わる周囲の人間も,自分の役割を「果たす」ようになる。

自分の役割をふまえること。「一所」
役割を果たそうとすること。「懸命」

このお話の登場人物たちは,「行軍」であるという目的を思い出し,自分たちが「武士」であるということの意味に気づいた時,自分の役割である「一所」をただこなすのではなく,「懸命」に果たそうとする。

さて,翻って僕は,どうだろう?
僕にとっての「一所」とは何か。
「一所」も守らないままに,やたらと周りに広げていってはいないだろうか。自分の手の届く範囲も守れていないのに,自分の足下も見れていないのに,いったいどこに向かおうとしているのか。
そして,「一所」に対して,果たして「懸命」になれているだろうか?
ただただ,「こなす」だけで,本気で向き合うだけのことができているか?
「御供頭心得 一所懸命」
「小学校教諭心得 一所懸命」

小学校教諭としての,「一所」を「懸命」にすること。

僕は,この本を読んで,そんなことを考えました。
この本を読んで,よかったです。(笑)

拍手[0回]

PR
新しく本を書きました。

新任3年目までに身につけたいクラスを動かす指示のルール 

です。



目次
第1章 クラス全員を動かす指示の秘訣
 指示とは何か1 「説明」「発問」「指示」の機能を理解しよう
 指示とは何か2 「説明」「発問」「指示」を使い分けよう ほか
第2章 学級づくり・授業で絶対におさえておきたいポイント
 いつでも3ステップを意識する
 教師の話を聞かせる指示3ステップ ほか
第3章 具体的な場面での指示
 具体的な場面を想定した指示を考えるワザワザ
 気持ちのよいあいさつをさせるために! ほか
第4章 指示の一歩先へ
 指示待ち状態にしないために!
 事前に想定しておく ほか

ほか
ってなんだ(笑)って思いますが,本屋の情報がこれなのですみません。推測なさってください。

新任の先生や,20代の若い先生と一緒に仕事をする機会が大変多くなってきています。
皆さん,すばらしくて,やる気がある。
僕の新任の頃よりも,協同的な学びや学び合いも知っていて,いろんなことにチャレンジされています。本当に素晴らしいです。

でも,残念ながら,授業や学級経営がうまくいかないで悩む方もたくさんいます。
僕も『学び合い』の考え方や一斉授業の技術を伝えようとはしますが,なかなかうまくいきません。
それは,たぶん,授業,学級経営以前の部分で上手くいっていないからです。

子どもたちに活動を促す場合には,「指示」の仕方がとても重要です。
「指示」が伝わらなければ,学び合いも活動も一人学びもうまく機能しません。
そして,「指示」だけでいえば,ちょっとしたコツを意識するだけで,劇的に改善させることができます。
というわけで,大胆にですが,ほんの3つのステップだけで「指示」を説明してみたのが本書です。
具体的な方法と,実際の場面に合わせた実例とも書かせていただきました。
よかったら,夏休み後半にでも手に取ってもらって,少しでもお役に立てれば幸いです。

拍手[2回]

今年も読書感想文の季節がやってきました。
教師としてというよりも,父として子どもにどう読書感想文を書かせるかという視点で書かせ方をまとめます。



ねらいは・・・
1 賞などをねらうような感想文にしない。(去年は,ある手が入って学校の賞になってしまいましたが・・・ (^_^;)
2 読書が嫌いになるようにはしない。(しんどすぎない手順)
3 国語の力としてつけたい力はつける。(読書感想文は複合的な力が関わってますね。)
4 次回からは,自分でも書くことができる。(自立支援。っていうか自立して!)

文章をかいてはいないとはいえ,親の手が入っていますので,すごい表現で入選!みたいなことにならないように配慮しています。つまり,一般的な構成で,子どもの表現をそのまま採用しているということです。
読書感想文は,せいぜい一年に一回程度の取り組みです。それがいやで,読書が嫌いになるということはさけたい。幸い,年子の姉弟なので,二人で一緒に取り組みながら楽しんで書く工夫をいれています。兄弟がいないとか,年が離れている場合は,親子で読み聞かせや交互読みをするとよいのではないでしょうか。
読書感想文は,国語のいろいろな力が必要です。
【読む力】読んで意味をとらえる力。あらすじを読み取る力。好きな場面や大事な部分をとらえる力。作品の主題や作者の意図をとらえる力。などなど。
【話す力】あらすじを伝える力。好きな場面を伝える力。などなど。
【書く力】一文にまとめる力。書きたいことをメモする力。文章の構成を考える力。形式段落にまとめる力。「」をつかう力。正しい字を書く力。原稿用紙特有の書き方を覚える。などなど。

一口に,読書感想文といいますが,これって国語の力を総動員して書くものですよね。それを,ほとんど書き方の指導もなしに,子ども(保護者)任せにするって・・・(笑)。

ということで,賞をとらずに,でもどうせやるなら国語の力はつけられたらいいな・・・という僕の願いを叶えるための取り組みをまとめておきます。

ちなみに,登場人物は二年生の姉と一年生の弟ということで,はじめて,または2回目の読書感想文を書く低学年向けのまとめです。3年生以上は自分で書かせてください(笑)


1 選書はどうする?
本はどうやって選ぶか。
一番は,子どもが好きな本にすることでしょう。
一年生の息子は,「はれときどきぶた」で書きたいという思いを持っていましたが,やめさせました。それは,親が大変だからです (^_^;
それに,自分の好きな本はきっと今後自分で書きたいというときがまたくるでしょう。そのときに,ある程度の「型」を知った上で,人に伝える読書感想文を書いた方がよい。という判断で,好きな本では書かせていません。

では,何を選ぶか。読書感想文コンクールの課題図書から選んでいます。
昨年度は,「まよなかのたんじょうかい」をえらび、今年は,課題図書の中から,「あした あさって しあさって」を選びました。
教師としては,特に課題図書で読むようには指定していません。でも,親としては,課題図書から選ぶというのはやりやすいです。ある程度,範囲がある中から選ぶというのは,読書感想文の指導なんてできない親からしたらありがたいです。また,毎年,課題図書から選ぶというのを決めておけば,夏休み前には一冊は本を読むというのも恒例になります。そして,もう自分で読んでる本で書きたい,と言い出したら,子どもの書きたい本で書かせるようにします。

本を選ぶのは,基本,ぼく,「親」です。子どもは自分の興味関心で選ぶかもしれません。でも,低学年の読書感想文で親としてあれこれ入って書かせるのであれば,親が書かせやすいという視点で選んでもいいでしょう。子どもなりに書きたいと言い出したら,選書も任せます。でも,自分で選んだからには,自分で書く,をあたりまえにさせたいところです。それまでは,こちらが選んで与えます。
ちなみに,昨年は,「母親」と子どもをテーマにした本でした。
だから,今年は,「父親」と子どもをテーマにした本です。だって,くやしいじゃないですか。

2 本を読む
さて,本を読むです。低学年ですので,一人で黙読というのも難しいです。できる子はうらやましいですね。
何度か読みたいので,いくつか工夫をいれています。

①まずは自分で読ませる。
②親が読み聞かせをする。(ポイントあり)
③姉弟で交互に音読する。

①まずは自分で読ませる
買ってきて本を渡してから,1週間ほど時間をあげました。
その間に,自分で本を読むように伝えました。
二年生の姉は,何度か読んだようで,ストーリーをよく知っています。
一年生の弟は,その姉の話を聞いていたようで,最初しか読んでいませんでした(笑)
でも,一年生ってこんなもの?ですかね。ひらがなおぼえたてですしね。学校でならった長いお話でも「おおきなかぶ」くらいですから。
自分で読むという経験は大切ですので,時間を十分とって読ませます。

②親が読み聞かせをする。(ポイントあり)
次に親が読み聞かせをします。子どもはある程度ストーリーを知っています。
そこでポイントです。
読書感想文につなげるために,子どもとやり取りをしながら読み聞かせをします。
聞くポイントは,次の3つです。

ア あらすじに関すること (主役は誰か? どんな設定か? 最後どうなったか?)
イ 好きな場面のこと (どこが好き? それはなんで?)
ウ 読後の感想のこと (どうだった? もう少しくわしく教えて)

読み聞かせをする前に,3つのことを聞くからねといいながら読み聞かせをします。
一度読んでますので,「知ってる」みたいなこともいいますが,それを制して,伝えます。
たんに,お話を知っているのではなく,読書感想文を書くために注意して読み聞かせを聞くように促します。

そして,何より重要なポイントです。それは,何のために読書感想文を書くのかということ。
子どもたちには,このように伝えています。
「パパと子どもたち3人で映画を見に行くとするやろう。映画はおもしろかった。それをママに伝えるときに,『おもしろかった』だけじゃ伝わらないでしょう。どんなお話だったか。どこが面白かったか。見に行ってどう思ったか。ということぐらい伝えられないと,映画を見に行けなかったママにおもしろさを伝えられないでしょう。映画でも,本でも,色々な人に,『おもしろかった』ことを伝えるために必要なことが,読書感想文には全部つまっているからね。これがかければ,映画を見ても,本を読んでも,遊びにいっても,そのおもしろさを色々な人に伝えられるようになるよ。」
というような感じで,子どもたちに伝えています。
そのための,①あらすじ②好きな場面③読後の感想 なのだと思います。

よく,賞をとるような読書感想文には,あらすじは入りません。構成も,いろいろと変更されています。でも,それは,やっぱり,よく本を読み,言語化し,自分の体験を重ね合わせてきている子だからこそ書けるもの。国語の指導内容としては,僕はこれでよいと思います。
だから,①あらすじ②好きな場面③読後の感想というとてもシンプルで,つまらな〜い構成は崩しません。

③読み聞かせながら対話する
上記のポイントを意識しながら読み聞かせをします。
あまり深く考えずに,普通に読み聞かせします。(淡々と読むとか臨場感たっぷりに読むとかは御任せです。あくまで親の読み聞かせということで。)
ただ,所々ストップして,子どもと対話します。
「誰が出てきた?」「くま?」「くまのこ」
「どっちかな」「くまのこ」
「そうだね。くまのこが主人公みたいだね。」

「ここまでですきなところあった」「あった。くまがわらっているところ。」
「なんでそこがすきなの」「だって、おとうさんが帰ってくるって聞いたでしょ。うれしいじゃん。」

「はいおわり。どうだった?」「おもしろかった。」
「おもしろかったね。もう少し詳しく教えてよ。」「だってくまのこがぎゅっとだっこしてもらってよかったから。」
「ああ。そんなことばあったね。もうちょっとくわしく」「『おもくなったな』ってお父さんがいってたから,あんまりあってないんだとおもって。」

というような感じで,子どもたちの言葉を聞き出しておきたいところです。
あとで,「なんて書けばいいの?」と言われたときに,「さっき,〜っていってたやん。」と返せるからです。やっぱり,子どもの言葉でアドバイスしたいですしね。

3 交互読みをして好きな場面に付箋を貼る
親が読み聞かせしたあとに,交互に読ませます。
ここで,子どもたちに課題を与えます。
「好きな場面に付箋を5つ貼ること。そのために,二人で交互に読み合うこと。」

読書感想文に書く好きな場面を選べるように,付箋を貼らせます。
ポイントは,数を限定することです。放っておくと,どこもかしこも付箋を張り出します。
数を限定することで,読みながら,「やっぱりこっちにしよう。」と選ぶようになります。
文章の量にもよりますが,3〜5枚ぐらいがよいでしょう。
このときも,兄弟でわいわいと話しながらはらせるようにしました。
「なんで?」「ああ。それならわたしも。」
みたいに,お互いに読み合いながら,好きな場面を説明することで,あとで文章に書きやすくします。兄弟がいないときには,親が一緒にやってもいいでしょう。

とにかく,書く前には,たくさん,話す,ことが大切です。

3 メモを書く
ここまでやって,いよいよ「書く」に入ります。
しかし,すぐに原稿用紙には向かいません。まずは,メモすることです。
今回は,4つのメモ用紙を用意しました。
メモ用紙といっても,原稿用紙を半分に切った紙です。200字書けます。

①読んだきっかけとあらすじ
②読んだ後の感想
③すきな場面とそのりゆう
④読書感想文を書いてみて気づいたこと。これからのこと。

この4つのメモ用紙に,先ほどあれこれ話したことを中心に書かせます。
一つのメモ用紙につき,一段落でいいとは思いますが,最初の読んだきっかけとあらすじぐらいは,2つの段落に分けるよう伝えます。
段落をあけるところは,「×」でもしてあげると,清書のときに間違えにくく楽かもしれません。

メモを書かせるときに大事なポイントは,
一文を短く書かせる
ことです。

あらすじを例にします。
このお話は,くまのこがいて,お父さんがとおくではたらいていて,そのあと,おとうさんがしあさってにきて,くまのこがうれしくなってこうふんして、ぎゅっとおとうさんにだきしめられる話です。

低学年の国語では「順序」を大事にします。子どもは,時系列に沿って一生懸命説明します。中学年ではないので,話のまとまりとしてあらすじをまとめるのは難しいです。とはいえ,ほうっておくと,なが〜〜〜〜い一文になってわけがわからなくなります。なので,ちょっと子どもにアドバイスをして,できるだけ一文を短く書くようにします。

このおはなしは,くまのこのお話です。くまのこのお父さんはとおくではたらいています。くまのこはおとうさんがしあさってにかえってくるとききます。それで、うれしくなってこうふんするおはなしです。
(「こうふんする」というのは、うちのこたちの表現です(笑))
というように、子どもがあれこれ話す「あらすじ」を,ちょっと一文を短くするようにアドバイスすると変わってきます。
一年生の息子は,こんなあらすじをメモに書いていました。

「このおはなしはくまのこのおはなしです。おとうさんがとおくからもどってくるおはなしです。しあさってにおとうさんがかえってきて、くまのこがこうふんするおはなしです。」

「おはなし」だらけですが,まあいいでしょう。子どものことばを尊重します。

ちなみに,よくあるパターンに,「なぜこの本を読書感想文に選んだか」を書くというのがあります。賞をとる感想文にはほとんど入りませんが,一般の感想文では採用です。量を稼げますしね。何より,自由研究にしても論文にしても,きっかけに序論でふれるのは大事なことです。
選書で触れたように,「親が選ぶ」というのを徹底していると,冒頭から書きやすいのでおすすめです。(でも,賞はとれません。)




最初に思ったことや,好きな場面も同様に,会話したことをもとにまとめさせましょう。
ここでも,一文を短く書かせます。
そして,ある程度パターンを教えます。
それは,
①思ったことや好きな場面について書く。
②どうしてそう思ったかの理由を書く。
③自分に置きかけて,経験や自分ならどう思うかを書く。

このパターンで,3文を基本に書かせます。
これは,中学年で教わる文の書き方です。
まずは,自分のいいたいこと。そしてその理由。最後に思ったこと。
文の書き方でも,説明文の読み取りでも,このパターンを学習します。
低学年ですが,一応先取りして教えておきます。
最後の,「思ったこと」については,読書感想文らしく,自分の経験を引き出すものにするとなおよいでしょう。自分にも主人公と似た経験がある。自分ならきっとこう思う。というように,作品の人物に自分を投影することは,物語を読むのに大事なことです。
ここが,書評とちょっと違うところなのだと思います。
が,そういう詳しい分類とは別にして,なんのために読書感想文を書かせるかということを考えるときに,映画や本の感想を交流するときには,自然と自分の話が出てくるはずです。そのきっかけとしても,教えておきたいところです。



二年生の娘は,お父さん(つまりぼく)からおつかいを頼まれたことをこの本を読んで思い出し(無理矢理ひねり出し?)て書いていました。

そして,最後のメモに関しては,この時点では書かせずに置いておきます。

4 清書する
さて,やっと原稿用紙に向かいます。
さあ,やっと最後・・・。といいますが,ここからも大変です。
誤字脱字。かぎ括弧や句読点の位置。段落の下げ間違い。などなど・・・。清書ように校正すると,何度も書き直しをする必要があります。これが地獄です。
これで,読書感想文,ひいては読書がきらいになる子どももいるのではないでしょうか。僕もそうでした。
専門的に言うと,文章の推敲・校正は,高学年での指導事項です。
低学年では,そこまで徹底する必要はありません。
むしろ,低学年では,「視写」といって,メモをうつすだけでも大変な作業になります。

ということで・・・。ここからは,批判されるかもしれませんが・・・。

子どものメモをもとに,下書きを親が書きました。(はい。真面目な人は怒りますかね。)

たとえば,ワープロですぐにうってあげられる人は,原稿用紙ウィザードをつかってメモをうつしてげます。ない人は,同じ原稿用紙に書いてあげるといいでしょう。
ここで,手を入れたい人はいれたらいいと思います。子どものメモですから,文のつながりがわからなかったり,習った漢字なのに書いてなかったりするかと思うので。
(僕は,ほぼ,そのまま打ち出しましたが・・・。)

ここは,いろいろ意見があると思いますのでご家庭に合わせるとよいでしょう。
ただ,低学年の子にとって,漢字を書き直すと,全部消して書き直さなくてはいけないというのは相当のストレスではないかと思います。親にとっても相当なストレス。
低学年は,まずは視写のレベルです。あくまで,メモに自分の感想が書けているのなら,それをうつす作業ぐらいでいいのではないかとも思います。

というわけで,子どものメモをもとに,清書用のお手本を作りました。



ポイントは,最後の「まとめ」はまだ書いていないということです。
メモの,
④読書感想文を書いてみて気づいたこと。これからのこと。
も,そういえばまだ書かせていませんでしたね。
まとめの文章は,まさに「まとめ」です。これまでの文章をもう一度読んだ上で,書かせます。
説明文の用に,結論ありきで書く場合もあります。
でも,自由研究や論文,説明文の場合であっても,書きながら結論というのはだんだん変わるものです。
映画のよさを説明する時も,話していくうちに,だんだんと主題に気がついて,「ああ。こういう話だったのね。」と自分で納得することがあります。同じように,読書感想文も,書いているうちに,「なるほど,わたしはこういうことをいいたくて,この本を感想文に選んでいたんだ!」と気づくこともあるのではないでしょうか。
これは,文章推敲のポイントでもあるので,低学年の読書感想文からさせたいところです。

ということで,下書きをまとめた文章を,子どもたちに読ませます。
自分で書いた(ものをパパがワープロにうちなおしてやった)文章を読んで,最後にどう思ったかを書くわけです。
ですから,この「まとめ」は,作品への感想だけでなく,自分のことが含まれた感想になるはずです。

かくして,うちの子たちは,「お父さんといる楽しさ」に気づき(気づかされ?),まとめの文をメモしていました。
そのメモを,再度,ワープロで打ち直して,下書きの完成です。(中学年以上なら,下書きも自分でさせたいところですね。)

最後に清書をします。
ここでは,きちんと,段落や句読点などをぬかさずに,升目にきっちり丁寧に書くことを意識させました。国語の時間で言うと,「書写」の時間です。

かくして,2015年。2年生と1年生の読書感想文,800字ができました。めでたしめでたしです。

このフォーマットは,シンプルです。
そして,子どもたちには,特にお姉ちゃんには,「来年は,自分で書くこと」を口をす〜っぱくして言っています。
3年生になるお姉ちゃんには,2年生の息子にやり方を教えながら,文章の書き方の「型」を自分のものにしてほしいところです。

来年のレポートは,もっと楽なものになると期待しています。

拍手[0回]

これからのテーマ

拍手[0回]

本を読む
気づきを書き出す
本質的なことへの気づき
選択肢の幅 行動へ 次の本へ
次の本へのアプローチ

拍手[0回]

HOMENext ≫
カウンター
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/14 みゆ]
[08/13 キッキョン]
[08/13 みゆ]
[04/28 キッキョン]
[04/28 ミナミ]
[04/22 キッキョン]
[02/18 キッキョン]
[08/22 キッキョン]
[08/19 笹木 陽一]
[04/12 キッキョン]
最新記事
プロフィール
HN:
キッキョン
HP:
性別:
男性
自己紹介:
37歳二児の父。アラフォー
所属サークル(さあ来る?)
湧氣会 第二土曜 明石 
おもちゃ箱 第四金曜 神戸
楽笑 第三金曜 芦屋
元気塾 第三土曜 西宮
『学び合い』不定期
アーカイブ
ブログ内検索
グーグル検索

Google

Copyright © [ 汗かき教師修行 10年 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]