汗かき教師修行 10年 バカはなおせる―脳を鍛える習慣,悪くする習慣 忍者ブログ
〜本物は続く 続けると本物になる〜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 日曜日に久保田競さんの勉強会がある。日本でも随一の脳科学者の先生から直接教えてもらえるなんて,なんてすばらしい機会。ということで,久保田先生の著作を読みなおして,まとめることで訊きたいことを考えてみたい。

【脳を壊すもの,脳を発達させるもの】
・ジョギングの大切さ。
・ジョギングをして,記憶して,思い出して,比較する。
・我慢は脳へのストレスになる。
・我慢したら何かご褒美がもらえる。いいことがある。と思って我慢すると脳が発達する。
・叱る言葉を,褒めるための枕詞にする。「今回はダメだったが,君ならできる」
・子どもに何かをさせようとするときは,相手の表情をよく見た方がいい。
・相手の表情を見て,相手がこちらの言うことを理解しているかどうかを読み取る。
・ある行動を自分がやっても他人がやっても,「ミラーニューロン」の作用で脳内の同じ領域が働く。
・何かをするときは,相手をよく見てマネするとやりやすくなる。
・武術の稽古,ススキ・メソード。
・運動を学ぶ際には,言葉で説明してもダメ。
・よく見て,ミラーニューロンを働かせて,それからマネする。
・ミラーニューロンは,自分が過去にうまくやれた時の体の動きを思い出すだけで働く。
・ピアノ,ギターなど体を動かすものはすべてよく見てからマネをするほうがよい。
・ワーキングメモリー
・「通常の記憶とは異なる種類の記憶で,やり終わったら忘れていい,行動がすんだらいらなくなる,一時的に覚えておくべき記憶」
・ワーキングメモリーをつかさどる脳領域こそが,前頭前野でものを考えたり,何かを決断した利するときに必ず使用される重要な部位。
・ワーキングメモリーの能力を高めれば,考える力が増し,決断力が増す。
・ワーキングメモリーは,会話をするときにも重要。
・トランプの神経衰弱,数ケタの数字を暗記する,言葉を逆から言う。
・ロールプレイングゲーム,テーブルトークRPG
・単純計算の効用
・認知章でそれぐらいしかできなくなった老人に自信を持たせる「学習療法」としてはいいが,一般の方や高齢者が脳をよくする目的で単純計算や漢字の書き取りをするのは不十分。
・ワーキングメモリーの不調=統合失調症
・ブランチング課題(入れ子状の問題)を解くときに,10野が働く。
・同時並行処理ができるのは,10野が大きいため。

【NO-GO,ランニングと脳-ニート,引きこもり,うつ】
・キレやすい,ニート,うつ=「NO-GO訓練が不足している。」「遊びの中であまり運動をやってこなかった」
・積極的に何かをすること「GO」。積極的に何かをしないこと「NO-GO」
・個性を伸ばすことの裏で,何かをしないのが偉いと言われることが少なくなった。
・「~してはいけません」は脳によくないが,「~しなかったのは偉い」は脳によい。
・~しなければご褒美をあげるなどして,8野を活性化させる。
・自分を律する場合も,「我慢してやり遂げたら,ゲームをするぞ」とご褒美を用意した方が脳にいい。
・誰もがするといい習慣はランニング。
・短距離走と長距離走を織り交ぜるのはブランチング課題にもなる。
・走りながら,「記憶し,思い出し,比較する」を実行する。
・ジョギングの習慣を持った人たちは,前頭前野の働きを見るテストの成績が良くなった。
・その効果は,ジョギングをやめても続いた。

【世代別,脳の鍛え方-0歳~15歳】
・0~3歳,4歳~15歳で区分する。
・10野の発達は,5歳までに終わる。
・10野はブランチング課題を解く際に働く,ヒトをヒトたらしめる領域。
・10野は0~3歳までによく発達させておく。
・①子どもにいろいろと入り組んだこと(入れ子状の課題)をやらせる。
・②何かを積極的にやらないこと(NO-GO)をする。
・③ワーキングメモリー(短期記憶)を鍛えさせる。
・④ミラーニューロンシステムを意図的に鍛える。
・赤ちゃんへの教育方法
・「ママですよ」と呼びかけて,赤ちゃんの前でしっかり顔やものを見せウr。
・何かをしなかったらまた褒める。
・運動を覚えさせるには,やってみせてやりたがってからやらせる。
・4歳から15歳までの脳を鍛える。
・①~④のことは生活習慣に取り入れて活用する。
・幼稚園のころにいいのは,大人の真似をさせる。「お店屋さんごっこ」
・毎日少しのお小遣いをあげて,限られた範囲で使う練習をする。
・4歳以降7歳までは,やっている姿を見せて,やりたがるものをやらせる。
・8歳から15歳までは,知識を詰め込む。
・この時期は,頭頂連合野が一番発達する時期。
・知識を詰め込む,暗記を繰り返すことで,脳がよく発達する。
・本をたくさん読ませる。小説も漫画も両方読ませる。
・考えることのベースには知識の暗記があある。
・「知識」で脳の「後部連合野」という領域も発達する。

バカはなおせる—脳を鍛える習慣、悪くする習慣 バカはなおせる—脳を鍛える習慣、悪くする習慣
久保田 競

アスキー 2006-03-24
売り上げランキング : 16109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 脳 のう NO? 
久しぶりの完全オフ!
と言っても6時30分には職員室にいました。
仕事がおもしろくてしかたがないですよ(笑)
昼からは、
缶ビル片手にいろいろのぞいていました。
久保田さんのお話いかがでしたか?
私もブレインジムの灰谷孝さんの講座を受けてきました。
その中で不思議な脳のチカラ

腕相撲をさせます。
負けた人には、「x」(×印)を見せます。
勝った人には、「∥」(平行線)を見せます。
相手の図形を見せないようにして、
再戦。

勝ち負けが逆転、
あるいは、
負けた方が善戦。

「×」は集中力を高めるそうです。
26種類の脳を活性化する運動が、
人の行動に大きな変化を与えます。
「エチカの鏡」にも出演されたそうです。
なんと灰谷さん神戸の出身だそうです。

長文失礼しました。
タムっち 2010/12/12(Sun)15:38:37 編集
» 久保田先生の講座
タムっちさん
コメントありがとうございます。

いつもコメントをくださって元気が出ます。

久保田先生の話。よかったですよ~。なかなか聞けない専門的な話で,脳みそがビンビンと刺激を受けていました。
まあ,理解できたのはほんの少しだけですが。

次回は,1月9日の日曜日。名古屋であります。タムっちさんもいかがですか?
キッキョン 2010/12/12(Sun)21:27:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[08/14 みゆ]
[08/13 キッキョン]
[08/13 みゆ]
[04/28 キッキョン]
[04/28 ミナミ]
[04/22 キッキョン]
[02/18 キッキョン]
[08/22 キッキョン]
[08/19 笹木 陽一]
[04/12 キッキョン]
最新記事
プロフィール
HN:
キッキョン
HP:
性別:
男性
自己紹介:
37歳二児の父。アラフォー
所属サークル(さあ来る?)
湧氣会 第二土曜 明石 
おもちゃ箱 第四金曜 神戸
楽笑 第三金曜 芦屋
元気塾 第三土曜 西宮
『学び合い』不定期
アーカイブ
ブログ内検索
グーグル検索

Google

Copyright © [ 汗かき教師修行 10年 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]