汗かき教師修行 10年 2009年の読書 1 忍者ブログ
〜本物は続く 続けると本物になる〜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年に読んだ本。読書メーターに記録したものなので下半期って感じ。 ほとんどが読み聞かせた絵本(笑) でも,読書メーターは便利やなぁ。まとめが楽。お勧めですよ。



009年の読書メーター 読んだ本の数:108冊 読んだページ数:19200ページ 思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫) 読了日:07月01日 著者:外山 滋比古
おひとりさまの老後おひとりさまの老後 読了日:07月19日 著者:上野 千鶴子
罪と罰 (上巻) (新潮文庫)罪と罰 (上巻) (新潮文庫) 読了日:07月20日 著者:ドストエフスキー
若い教師のための読書術若い教師のための読書術 読了日:07月20日 著者:長瀬 拓也
椿山課長の七日間 (朝日文庫)椿山課長の七日間 (朝日文庫) なんだか悲しい物語に感じるのは,年のせい? 読了日:07月22日 著者:浅田 次郎
身体のダイアローグ―佐藤学対談集身体のダイアローグ―佐藤学対談集 読了日:07月23日 著者:佐藤 学
欲ばり過ぎるニッポンの教育 (講談社現代新書)欲ばり過ぎるニッポンの教育 (講談社現代新書) 読了日:07月23日 著者:苅谷 剛彦,増田 ユリヤ
阪急電車阪急電車 沿線に住んでいたので,それだけで親近感がわいてくる。甘酸っぱい感じの短編が多いが,わりと感情移入できた。連作短編らしいつながりもあって,気持ちのいい作品。 読了日:07月26日 著者:有川 浩
海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス) 読了日:07月26日 著者:池谷 裕二,糸井 重里
脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? 読了日:07月26日 著者:池谷 裕二
資料提示の技術 (教育技術文庫)資料提示の技術 (教育技術文庫) 読了日:07月26日 著者:福山 憲市
子どもウオッチングの技術 (教育技術文庫)子どもウオッチングの技術 (教育技術文庫) 読了日:07月26日 著者:明石 要一
ゴールデンスランバーゴールデンスランバー 最初の設定で引き込まれてしまった。エンターテイメント小説らしい小説。救いの持てない設定の中で,よくも前向きな流れになったもんだと感心。作者の作品は,登場人物がみんな前向きなところがいいと思う。 読了日:07月27日 著者:伊坂 幸太郎
一瞬の風になれ 第一部  --イチニツイテ--一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ-- 正直1巻は読むのがしんどかった。青春時代とあまりに離れてしまったためかと思ったけど,そうでもなさそう。登場人物の紹介的な巻だけに気持ちが入りにくかったのかも。2巻3巻はめちゃおもしろいので,ここで挫折しないでほしい。 読了日:07月28日 著者:佐藤 多佳子
一瞬の風になれ 第二部一瞬の風になれ 第二部 2巻からの盛り上がりがいい!何かに打ち込んで,成長していくさまがよくかけている。その先に何かがあるからやるのではなく,自分自身の成長としてスポーツに打ち込むことが大切だと再認識させられる。 読了日:07月28日 著者:佐藤 多佳子
一瞬の風になれ 第三部 -ドン-一瞬の風になれ 第三部 -ドン- いいなぁ。懐かしい。個人種目なんだけど,団体種目でもある陸上。自分の可能性にかけるのと,仲間との可能性に欠けるのと,二つの大切さを学ぶことができる。 読了日:07月29日 著者:佐藤 多佳子
小さな実践の一歩から (活学叢書)小さな実践の一歩から (活学叢書) 読了日:07月29日 著者:鍵山 秀三郎
県庁の星県庁の星 う~ん。デフォルメしすぎかな?公務員の視点とパート従業員の視点と,仕事の生き方にしても,親としての在り方にしてもあんまり感情移入できなかった。 読了日:07月31日 著者:桂 望実
警官の血 上巻警官の血 上巻 自分の仕事に誇りを持つということはどういうことか。自分の仕事と折り合いをつけるということはどういうことか。そういうことも考えさせられる。 読了日:08月01日 著者:佐々木 譲
陰日向に咲く陰日向に咲く プロットはおもしろい。文章の一つ一つはやはり本職の人に及ばないような感じもするけどみんなつながっているかんじは気持ちがいい。 読了日:08月01日 著者:劇団ひとり
進化しすぎた脳  中高生と語る「大脳生理学」の最前線進化しすぎた脳 中高生と語る「大脳生理学」の最前線 読了日:08月01日 著者:池谷 裕二
警官の血 下巻警官の血 下巻 罪とは何か。正義とは何か。3代の警察官の視点で掘り下げられていくテーマが面白い。一人一人が向き合う事件も,なんとなく時代背景に沿っていてなるほどなぁって読めた。 読了日:08月03日 著者:佐々木 譲
フィッシュストーリーフィッシュストーリー 短編もなかなか面白い。軽くてリズムのある文体が読みやすい。どの話も読後感がすっきりでいいです。 読了日:08月06日 著者:伊坂 幸太郎
悪人悪人 途中でなんとなく展開が読めてしまった。犯罪が起こると,犯罪者も被害者もその周りの人たちも,みな生活が一変する。 読了日:08月09日 著者:吉田 修一
単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」 読了日:08月10日 著者:池谷裕二
ディスコ探偵水曜日〈上〉ディスコ探偵水曜日〈上〉 読後,世界観が一変する小説。繰り返される推理合戦の中で,いかに理屈や説明,言葉,認識が無意味なのかを思い知らされる。下巻は小休止後に読む予定。 読了日:08月11日 著者:舞城 王太郎
のぼうの城のぼうの城 登場人物のキャラクターがとてもいい。資料をもとに,キャラクターをデフォルメしていったマンガっぽい小説。おもしろかった。 読了日:08月15日 著者:和田 竜
終末のフール終末のフール 「もし明日世界が終るとしたら。」よくある問いかけをもとにした連作短編小説。リアリティがあるのかないのかは,もしもの話すぎてわからないところだけど,その中でも一人一人が,自分の抱える課題に向って生きようとする姿に妙に納得させられた。周りの環境云々の問題なのではなく,結局,自分と自分に本当に近い数人の中で,生きているんだなぁって思う。「太陽のシール」が特に感動。小さな子どもを持つ親として,共感させられた。 読了日:08月19日 著者:伊坂 幸太郎
1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書) さすが「1分で大切なことを伝える技術」。1分とまではいかないけど,5分で読めた(笑)。ストップウォッチ云々はどうあれ,話の流れを川にたとえているところなどは,今後のプレゼンにも役立ちそうに思う。 読了日:08月19日 著者:齋藤 孝
カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫) 罪と罰を今読んでいるのだけど,新約だからなのか,非常に読みやすい。登場人物一人一人に味があって,面白い。人間賛歌の物語。「ジョジョの奇妙な冒険」が思い浮かんでしまうのはなぜなんだろう?オモシロイ。 読了日:08月19日 著者:ドストエフスキー
世論という悪夢 (小学館101新書 41)世論という悪夢 (小学館101新書 41) 高校・大学生の頃は,ゴーマニズム宣言を食い入るように読んだなぁ。活字ではどんな感じだろうと読んでみた。エッセンスは,昔と変わっていないように思う。なっとくいかないことは,徹底的に調べて,徹底的に討論して,徹底的にたたきのめす。その痛快感がたまらない。でも,そんな感じにそれほどわくわくできない僕は,根本的ななにかを失ってしまったのか,それともそれこそが正しく大人になるということなのか。久しぶりにゴーマニズム宣言を読んでみたくもなった。 読了日:08月21日 著者:小林 よしのり
風姿花伝 (ワイド版 岩波文庫)風姿花伝 (ワイド版 岩波文庫) 読了日:08月24日 著者:世阿弥,野上 豊一郎,西尾 実
カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫) イワンとゾシマ。二人の考え方が,イワンがアリョーシャに語る「大審問官」とアリョーシャがゾシマをつづる伝記によって描かれる。いやぁ,深い深い話だなぁ。ただ深すぎるというか,キリスト教理解の土台がないと読解が苦しくなる。というわけで,内容は読み飛ばしつつ,二人の勢いや生き方をパラパラと楽しみながら読ませてもらった。 読了日:08月27日 著者:ドストエフスキー
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書)いつまでもデブと思うなよ (新潮新書) ようは考え方なんだと納得。方法だけに頼ると,結局失敗するのは,その下に流れる考えを理解していないから。はやく,身体の声を聞きつつ,必要なものを摂取する生活になりたい。 読了日:09月02日 著者:岡田斗司夫
あるけあるけあるけあるけ 娘がはまった本。やたらと話しかけていたので,世界観があったのだろうなぁ。 読了日:09月07日 著者:長 新太
だるまちゃんとてんぐちゃん (こどものとも傑作集 (27))だるまちゃんとてんぐちゃん (こどものとも傑作集 (27)) 娘の大好きな本。だるまちゃんの家族のやさしさが微笑ましい。 読了日:09月07日 著者:加古 里子
だるまちゃんととらのこちゃん(こどものとも絵本)だるまちゃんととらのこちゃん(こどものとも絵本) 図書館で借りた本。娘のお気に入り。 読了日:09月07日 著者:加古 里子
アンパンマンとら-めんてんし (1984年) (アンパンマン・ミニ・ブックス)アンパンマンとら-めんてんし (1984年) (アンパンマン・ミニ・ブックス) 図書館で借りた本。 読了日:09月07日 著者:やなせ たかし
さむがりおばさんとクロ (児童図書館・絵本の部屋)さむがりおばさんとクロ (児童図書館・絵本の部屋) 娘が選んだ本。いがいとほっこり読めた。 読了日:09月07日 著者:吉本 宗
逆立ち日本論 (新潮選書)逆立ち日本論 (新潮選書) 電車の中や喫茶店で,なんかの業界の人があれこれと自分のしらない話しをしていたら,ついつい聞き耳をたててしまう。それがありとあらゆることに及ぶ二人の話。なんか刺激的な話を聞けたなぁ・・・と思いつつ,けっこう頭に残らなかったりする内容でもある。 読了日:09月11日 著者:養老 孟司; 内田 樹
だるまちゃんとだいこくちゃん (こどものとも傑作集)だるまちゃんとだいこくちゃん (こどものとも傑作集) うちでの小づちからいろいろと出るシーンで,娘は大興奮。このシリーズは,とても楽しい。 読了日:09月13日 著者:加古 里子
どどどどどどどどどど こちらも娘が気に入った本。音だけで楽しい。 読了日:09月13日 著者:五味 太郎
おうちなのね (First Book Series)おうちなのね (First Book Series) ひたすらかわいい 読了日:09月14日 著者:中川 ひろたか
お化けのお化け屋敷 (リブロの絵本)お化けのお化け屋敷 (リブロの絵本) この本を読んで,娘がお化けを怖がるようになりました。でも,読んで欲しいという娘。 読了日:09月14日 著者:川端 誠
カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫) どんどん面白くなってきますねぇ。ミーチャの叫び「人間ってなんなんだ!」って,一番お前がなんなんだ!(笑)と突っ込みたくもなる。今後の展開も楽しみ。 読了日:09月22日 著者:ドストエフスキー
めしもり山のまねっこ木めしもり山のまねっこ木 100%オレンジの絵がいい!想像力をかき立てる本。 読了日:09月22日 著者:椎名 誠
おつかい (日本傑作絵本シリーズ)おつかい (日本傑作絵本シリーズ) 子どもの気持ちがよくわかる。かわいい本。 読了日:09月22日 著者:さとう わきこ
いってきまーす (おひざのうえで)いってきまーす (おひざのうえで) いもとようこさんの絵が気に入った娘。おままごとみたいな気分でできるので,楽しい様子。何回も読んでいます。 読了日:09月22日 著者:やすい すえこ
どこどこここ・ここ… (干支セトラ絵本)どこどこここ・ここ… (干支セトラ絵本) 五味太郎の擬音語本にはまっている娘。これもすぐに覚えてしまってお気に入り。五味太郎さんはすごいなぁ。 読了日:09月22日 著者:五味 太郎
いぬのおばけ (絵本カーニバル)いぬのおばけ (絵本カーニバル) 長新太さんの子どもの内面の描き方はすごい。シュールな感じなんだけど,ユーモア持って,それでいて物悲しい本。 読了日:09月22日 著者:長 新太
アンパンマンとはみがきまん (アンパンマン・リターンズ)アンパンマンとはみがきまん (アンパンマン・リターンズ) 虫歯になるとどうなるか。子どもをさんざんビビらせるのに使える本(笑)。娘はいつももういい!!と怒りだします。 読了日:09月22日 著者:やなせ たかし,トムスエンタテインメント,キョクイチ=
あわてんぼらいおん―らいおんえほん〈2〉 (らいおんえほん (2))あわてんぼらいおん―らいおんえほん〈2〉 (らいおんえほん (2)) ライオンと僕の関係がかわいいなぁ。ライオンが水泳のコーチをしているところとか。長新太さんの絵もマッチしているなぁ。 読了日:09月22日 著者:八木田 宜子
カラマーゾフの兄弟 (まんがで読破)カラマーゾフの兄弟 (まんがで読破) マンガだとわかりやすい!! 読了日:10月04日 著者:ドストエフスキー

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[08/14 みゆ]
[08/13 キッキョン]
[08/13 みゆ]
[04/28 キッキョン]
[04/28 ミナミ]
[04/22 キッキョン]
[02/18 キッキョン]
[08/22 キッキョン]
[08/19 笹木 陽一]
[04/12 キッキョン]
最新記事
プロフィール
HN:
キッキョン
HP:
性別:
男性
自己紹介:
37歳二児の父。アラフォー
所属サークル(さあ来る?)
湧氣会 第二土曜 明石 
おもちゃ箱 第四金曜 神戸
楽笑 第三金曜 芦屋
元気塾 第三土曜 西宮
『学び合い』不定期
アーカイブ
ブログ内検索
グーグル検索

Google

Copyright © [ 汗かき教師修行 10年 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]