汗かき教師修行 10年 先手を打つ 忍者ブログ
〜本物は続く 続けると本物になる〜
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間軸を変える

後手に回らない

後の先ではなく,先の先

そのためには,未来に捉われない=頭に頼らない
常に今ある自分と捉える=身体で感じる

あらゆる状況がすでに経験したことであるようにふるまう


先を知っている(たとえ知らなくても)かのように振る舞うことが
できるから先手を打てる(後手に回っていても)先を知っている振る舞い=身体性が、先手を生み出すということですか?
 
うん。うまくいえないけど。
先の先というのが修業論にあがっていたけど,常に先を知っている達人に取っては,時間の軸が違うって。
先生もきっと同じようなことがいえるんじゃないかな。
先を知っている(ように見えるし本人もそう思っている)状態の人に取って,何がきても(子どもの問いかけにしても,とらぶるにしても),そうくるということは知っていたならば,どうにでもできるでしょう。活殺自在というのは,そんなことになるだろうと言うことは知っている人間だから,どうにでもできる。
教師も先を知っている(知らなくても)という振る舞いがあることで,子どもに対して余裕を持って接することができる。
社会的に先生が先生として扱われているというのは,先生に取ってはすごくやりやすい環境だったんだと思う。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
だから先生というのか。
先を(知らなくても)知っているように振る舞える。だから共感もできるし,課題を示すことができる。
キッキョン 2014/02/18(Tue)07:28:20 編集
カウンター
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/14 みゆ]
[08/13 キッキョン]
[08/13 みゆ]
[04/28 キッキョン]
[04/28 ミナミ]
[04/22 キッキョン]
[02/18 キッキョン]
[08/22 キッキョン]
[08/19 笹木 陽一]
[04/12 キッキョン]
最新記事
プロフィール
HN:
キッキョン
HP:
性別:
男性
自己紹介:
37歳二児の父。アラフォー
所属サークル(さあ来る?)
湧氣会 第二土曜 明石 
おもちゃ箱 第四金曜 神戸
楽笑 第三金曜 芦屋
元気塾 第三土曜 西宮
『学び合い』不定期
アーカイブ
ブログ内検索
グーグル検索

Google

Copyright © [ 汗かき教師修行 10年 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]